" /> 【有名人の共通点】天才の芽摘んでいませんか?【モンテッソーリ教育】 | Omame Life Blog

【有名人の共通点】天才の芽摘んでいませんか?【モンテッソーリ教育】

育児

こんにちは まめこです😊

モンテバリバリ教育ママではないのですが
モンテッソーリ教育本を読みあさって
なるほどな、そういう考えいいね!っていう
モンテッソーリ教育の理論は
娘と関わる生活の中で取り入れるようにしています。

この著名人の共通点はなーんだ!

共通点

アマゾン、Facebook、グーグル共同創業者、
藤井聡太騎士、アン・ハサウェイ、テイラースウィフト
彼らに共通することは…

彼らは幼少期にモンテッソーリ教育を受けています。

起業家、騎士、女優、歌手など
多種多様な才能を開花させています。

では、多彩な才能をどう開花させるか、
以下で説明していきます。

センスのある子に育てるには?

センスのある

乳幼児期に五感で様々なことを感じとる
体験をしてきた子どもほど、センスがよく、
表現力が豊かな大人に成長する傾向がある。

いやいや生まれつきでしょう?というイメージが
あるかもしれませんが、

  • Googleの共同創業者のラリーペイジとセルゲイ・ブリン
  • AmazonのCEOのジェフ・ベゾス
  • Wikipediaを始めたジミー・ウェルズ

Facebook創業者マーク・ザッカーバーグなど
革新的なサービスや商品を世に送り出した面々が
幼少期にモンテッソーリスクールに通っていました。

Googleの共同創業者セルゲイ・ブリンは
「モンテッソーリスクールでは
生徒に自由が与えられ、自分のペースで学び
何かを発見することが奨励される」
「自分の好きな事を追求できているのは
この教育のたまもの!!」と話しています。

三つ子の魂百まで」ということわざ通り
天才の共通点には幼少期に秘密が隠されていましたね。

 

脳科学の分野では、
「3歳までに将来の能力を左右する脳の神経細胞の
ネットワークが出来上がる」と言われています。

ではいつ才能を伸ばしてあげたら良いの?

いつ伸ばす

大切なのは、
小学校入学前までの乳幼児期(0-6歳)
この時期に子どもが興味のあるもの、
関心の引くものに集中できる場面をつくってあげられたか、
この時期の経験が大人になってからいきて
才能をぐんぐんと伸ばしていきます。

集中力が才能を引き出す

集中力

子どもがおもちゃや
遊びに夢中になっている時は、
「わー何しているの?」とむやみやたらに
声をかけるのではなく、
「ふっ」と落ち着くまで見守りましょう。

集中している=「フロー状態にある」
0−6才のうちにたびたび見られる
この「フロー状態」を体験できるか重要。

「何かをやり切ったという
成功体験は自信につながります」

フロー状態を十分に体験した子どもは
試験前になるとすごい
集中力を発揮し成果を出すことができる。
反対に、このフリー状態にはいれないまま
いつも遊びを中断させられている
それぞれの遊びが中途半端になり、
成功体験を得ることができなくなります。

言語の敏感期とは?

いつ伸ばしていく

赤ちゃんの聴覚は妊娠7ヶ月頃から発達します。
その頃から、ぐんぐんと言葉を吸収していきます。
胎内で聞いたママとパパの声を聞き分けることができます。

生まれた瞬間から始まる「言語の敏感期」ですが、
万能なこどもでも言語の獲得までには長い時間を有する!

誕生から2才ごろまでは無意識での言語の学習期間
2才時の言語力 200−300語彙
2才半から6才ごろまでは意識的に言葉を学習する期間。
就学時には1万4000語彙になる!

無意識的記憶とは?

無意識記憶

生まれてから3歳くらいまでに
無意識的記憶というすんばらしい能力で
見たもの、聞いたものを、
なんでもドンドン吸収していきます!

無意識的記憶…先日あった話です
【現在1才10ヶ月の娘】
部屋に一匹のてんとう虫が飛んでライトに止まりました。
娘に「てんとう虫ブーンってきたよ。」と教えると
「ほうほう」といった感じで眺めていたのです。
数日後遊んでいるときに、
ちょうどてんとう虫のブロックが出てきた瞬間
てんとう虫を持って、前日にてんとう虫が止まった
ライトを指さし、「ブーン(ここ)来た」と言ったのです!

驚きました!子どもの記憶力を侮っていました。

ありありとエピソードとしての
記憶を思い出し、さらに教えてくれたのです。
繰り返し学習として、
おむつの片付けを覚えてもらったことは
ありますが、数日かけての記憶力というものを
この日さらに実感しました。

親の声が大好き!音楽の効能は?

音楽

赤ちゃんが大好きな音
それはお母さんの「声」
そしてお父さんの「声」です。

お歌が苦手でも聞き慣れた声から
発せられた歌声が脳を活性化させます。

音楽講師のキャサリン・B・ハルは
「なぜ音楽を教えるのか?」という論文
音楽に様々な解釈を与えています。

私たちが音楽を教える理由は…
・音楽を専攻してほしいからではない
・音楽を奏でたり歌ったりしてほしいからではない
・リラックスして楽しんでもらいたいだけではない

そうでなく、こんな理由です。
・あなたが人間らしく生きられるために
・あなたの美意識を高めるために
・あなたが繊細になるために
・あなたが豊かに生きる技を得られるために
・多くの愛、共感、優しさ、つまるところの
「幸福な人生」を得られるために音楽は一生ものの贈り物になることでしょう。

この話を聞いてから、よりいっそう
子どもと過ごすときに歌や音楽を
取り入れる様になりました。

音楽を聴くとき、脳はリズム・音質・音程を処理するために
多くの回路を使います。脳の聴覚の分野だけではなく
「運動能力」「感情」「想像力」を司る分野が反応し
より強固な脳回路が出来上がります。

さいごに

モンテッソーリ教育を一度のコラムで
説明していくことは難しいので、
今回のように細かくそれぞれの分野別に
書いていこうかなと思っています。

まめこのモンテシリーズ✏️
ぜひ次回も見に来てください。

モンテッソーリ教育ってなに?
もう少し詳しく知りたい方は👇

一度は読んでおきたい育児本おすすめ3選【0歳からのモンテッソーリ】
親になったら一度は読んでおきたい育児本について興味はありませんか? この記事では、子育ての考え方が変わる育児本について、3つの本を紹介しています。本当に読むべき本です。 妊娠中の方、出産された方、子育てに興味がある方は是非読んでみてください。

もお読みいただき
ありがとうございました!✨

まめこ

コメント

タイトルとURLをコピーしました