" /> 【理学療法士が解説】生後6ヶ月までにやらないと損 赤ちゃんの運動発達 | Omame Life Blog

【理学療法士が解説】生後6ヶ月までにやらないと損 赤ちゃんの運動発達

赤ちゃんの運動発達 0-3ヶ月の発達育児

理学療法士同士の親では、話は会うものの

病棟の看護師さんと子供について話すと

mameo
mameo

早期からのうつ伏せは重要ですよね〜

えっ??そうなの、知らないし、やってないわ

と言われることがあります


 

こんにちは、理学療法士兼パパのMameoです

今回は、運動発達の知識をもとに、実際に行った育児を紹介したいと思います。

 

この記事はこんな方にオススメ!!

✔︎ 子どもの育児について興味がある方
✔︎ 子どもの運動センスを養いたい方
✔︎ 育児が好きな方

 

はじめに、運動発達について説明します


赤ちゃんの運動発達 0-3ヶ月の発達

 

0-3ヶ月

  • 仰向け姿勢で正面を向き、自分で少し首を動かして左右を見回すようになる。
  • うつ伏せの姿勢で、頭を少し持ち上げる
  • 仰向け姿勢で手と手、足と足を触れ合わすなど、正中線に向けて内側方向に対称的な動きをするようになる。
  • 手と手、手と口の協応ができ始める。
  • 周囲の動くものを目で追う。

3-6ヶ月の発達

3-6ヶ月

  • 腹ばいで、肘をついて上半身を支え、上体を持ち上げる
  • 目と手が連動する、手を伸ばす
  • 体の真ん中で両手を使う
  • 物をしっかりと握れるようになる。
  • 寝た状態で足が動かせるようになり、寝返ろうとする。
  • 引き起こしに頭が遅れないで上がり、両足も対称的に腹部に引き寄せるようになる。

実際にやったこと ①発達に合わせた姿勢を取ること

姿勢

親は、早く『おすわりさせたい』、早く『歩かせたい』と思ってしまいますね。

今はベビー用ソファや椅子などありますが、
発達が進む前に強制的に無理な姿勢をとらせることは、やめましょう。

その時期にあった姿勢をとらせることで、
段階的に腹部・背筋・関節などが発達していくのです

そして、姿勢の中でバランス感覚を養っています

この頃の赤ちゃんは、基本的に重力と戦っています

戦う

仰向け→うつ伏せで顔を上げる→はいはい→おすわりなど、
体を重力に逆らいながら少しずつ高い位置に持って行きます

重心が高くなるにつれて、体の筋力も強くなる必要があり、
自分の体の筋力でバランスを取っています

つまり姿勢ごとに重心は違って、
その姿勢ごとにバランスを学んでいます

強制的に座らせたとしても、前の段階を獲得していなければ、
転びやすい状態になってしまいます

ですから、
発達に見合った姿勢を意識することは非常に重要です。

実際にやったこと ②うつ伏せ姿勢をとらせる

うつ伏せ

うつ伏せの良い点は、以下の3点です。

1 筋肉の発達、運動の発達につながる
2 肺が使えるようになる
3 口の発達につながる
早期からのうつ伏せは
怖いイメージがありますよね
でも非常にメリットも多いのが
うつ伏せなのです

次回予告

次回予告

少し話が長くなりそうなので

次回

6ヶ月までに実際やったこと!!

✔︎ うつ伏せ姿勢をとる
✔︎ 床や布団の硬さを調整する

について
解説していこうと思います
最後までお付き合いくださり
ありがとうございました
Mmeo




コメント

タイトルとURLをコピーしました