" /> パパの読み聞かせで絵本の効果が上がる【おすすめの絵本レビュー】 | Omame Life Blog

パパの読み聞かせで絵本の効果が上がる【おすすめの絵本レビュー】

読み聞かせが大切な理由育児

皆さんも小さい頃に、
親に読んでもらった記憶がありますよね

子育てに欠かせない「絵本」
何となく絵本を読んでいませんか?

絵本の読み聞かせは大切と言われますが

mameo
mameo

「絵本は子どもの成長や教育に良いと聞くから」
「なんとなく読んでいるけれど、
何が良いのか、なぜ良いのかは知らない」

実は私も絵本を読み始めた時に
思いました。

本記事のポイント
  • 読み聞かせが良い理由
  • 効果的な読み聞かせの方法
  •  絵本の読み聞かせの年齢別のコツ

について説明していきます

読み聞かせが大切な理由

理由

人の意識には

顕在意識=「意思」自分で考えて判断すること

潜在意識=「考え」無意識に考え、制御できないこと

があります

例えば、ダイエットの状況で
「今日はお菓子我慢するぞ」と自分で判断するのが「意思」
「お菓子食べたら美味しいだろうな」と思ってしまうのが「考え」

二つの意識では、
「意思」のパワーより遥かに強いのが「考え」のパワーです

つまり
「絶対に我慢するぞー」と思えば思うほど」
「あー食べたーーい!!やだー食べたーーい」
と思ってしまい、やり遂げるのが大変です

何か行動をする時に
大きな壁になるのが「考え」なのです

この強力なパワーを持つ「考え」
影響を与えられるのが5-6歳までなのです

5〜6歳までは、
外から与えられた刺激をそのまま受け取り、
「考え」にダイレクトに影響を与える

つまりこの時期までに
親が「良いもの」の刺激をたくさん与えることで
子供の潜在意識がより良いものになるのです

絵本はメッセージを伝えるに最適

本を読む

実際に体験させる事は重要ですが共働きだと、時間・場所の制約や費用も掛かります

絵本なら種類が豊富でたくさんの物語、メッセージがあり場所・時間は関係ありません

絵本を通して色々な事を体験させてくれます
例えば
愛せる本
人と関わる本
運動の楽しさを教える本
人をいじめたらいけないと
食事に関する本
バリエーションが豊富です

色々な絵本を読み聞かせることで
子供にたくさんの物語、メッセージを伝えられます

良い物語をあげて、「考え」を高める

非常に簡単な事です

パパも読み聞かせ参加で効果抜群

パパの読み聞かせ

ハーバード大学による研究では、本の読み聞かせは
パパの方が子どもにメリットがあると結論付けました

パパの読み聞かせの効果
  • 想像力をはたらかせ、子どもが頭を使い易い
  • 言語機能に大きく影響し、特に女の子の場合顕著
  •  2歳以前に読み聞かせをはじめると相当な効果がある

1歳児がいるパパ、帰ったら絵本を読みましょう

パパとママの読み聞かせは、何が違う?

では、具体的にパパとママは何が違うのでしょうか

① アプローチが違う

ママは、「事実に基づいた質問」をしやすい

例えば、「りんごは赤いね」など
本の内容に焦点をあて、名前を聞いたり、数を数えたり、
色を識別させたりする傾向にあります

パパは、「子供の体験とつなぎ合わせるような質問」をする

「そういえば、この前りんごが送られてきたね」など
本の出来事と子供の体験をつなぎ合わせようとします

パパの質問に対して、子どもは一所懸命に自分の頭で考えます
頭を回転させる結果、言語能力に表れるようです

② 一つの物語が二つのストーリーに

パパとママが読む場合では着眼点や表現が違います

同じ絵本でも
パパが読めば興奮する本になる
ママが読めば落ち着く本になる

ストーリーに対する説明の仕方や強調する部分も変わるのです

その結果、
子どもたちは新たな視点に気づくことができ、表現力や想像力を育む事ができるのです

だからパパも積極的に読むべきなのです

年齢によって読み聞かせは変わる

いざ読み聞かせをする前に
年齢毎の特徴を確認しておきましょう

0〜1歳:言葉を聞かせる

読み聞かせ0age
まだ言葉も通じませんが、読んでいる声は聞こえています
絵本を通して色々な言葉を聞かせてあげましょう

1〜2歳:本人の思うままに

読み聞かせ1age
体が動き、周囲に注意が向く時期です

じっと我慢する事が難しく
どんどんページをめくってしまったりしますが
本人のペースで読み聞かせましょう

比較的短く、簡単な絵本が良いかもしれません

2〜3歳:何度も読みましょう

読み聞かせ2age

簡単な物語は理解できますが、一回では理解ができません
何回も繰り返す事で、絵本の内容を理解して行きます

3〜5歳:色々な物語の本を与える

読み聞かせ3-5age

物語の理解度が上がってきます
興味がある本であれば、何で読んであげましょう

パパが活躍する絵本6選

パパと子どもを題材にした絵本です
読み聞かせるパパにとっても読み易いと思います

「パパ、お月さまとって!」
作:エリック・カール

「はらぺこあおむし」を手がけたエリックカールの絵本

 

「おとうさんはウルトラマン」
作:みやにし たつや

真摯に子育てする姿を描いた異色の絵本「おとうさんはウルトラマン」シリーズの1作目

 

「おとうさんがおとうさんになった日」
作:長野 ヒデ子

どんなお父さんにも訪れる「その瞬間」を感動的に描いています。

 

「ぼくのパパはおおおとこ」
作:カール ノラック

小さな子どもから見たパパの姿がユーモアたっぷりに描かれています

 

「おとん」
作:平田 昌広

父と子の絆を関西弁でおもしろおかしく描いた一冊。

 

「パパのしごとはわるものです」
作:板橋 雅弘

2018年に実写映画化された本作
作者の板橋雅弘は、プロレス好きが高じてこの絵本を作ったそうです

 

でも
図書館や本屋さんが近くにあるとも限りませんし
忙しい子育て世代では行く時間を取りづらいのも現実です

また新型コロナの影響で
自治体の図書館や読み聞かせに参加するのが難しくなり
読んであげれる絵本の数が減ってしまいます、、、

子どもの成長には大きなダメージです

そこで登場するのが絵本ナビ
 年間1400万人が利用している日本最大級の絵本ポータルサイトです

絵本ナビが優れている所
  • 無料で1万2,000冊以上のためし読みが可能
  • 購入・レビューでポイントが貰える
  • 読まない本は引き取り、ポイントバック
  • とにかく絵本が探し易い

特におすすめなのは「調べやすさ」です

年齢別、立場別(ママに人気、パパに人気など)、ジャンル別(しかけ絵本など)、テーマ別(季節、イベントなど)など調べる事が可能で、すぐに素敵な一冊に出会うことができます

また絵本のオリジナルグッズも販売しているので
子どもの好きな絵本のグッズを買ってあげるのも良いでしょう


まとめ

今日は絵本についてまとめて見ました

絵本のまとめ
  • 子どもの「考え」を柔軟にする効果がある
    5-6歳までが重要な時期
  • パパが読み聞かせに参加する事で
    子どもの言語能力、表現力、想像力を育む
  • 年齢によって絵本の読み聞かせが変わる

5分あれば、絵本の読み聞かせが出来ます
その5分で、子どもにあげませんか?

パパも絵本を読む事で
子どもはいつもの絵本が違う話になったかのように楽しみ、
心が豊かになり、尚且つ言語能力が発達します

このブログを読んだパパ&ママが

今日の夜
子どもに読み聞かせをしてくれることを
楽しみにしています

最後に今日紹介した絵本を下に載せておきます
興味がある方は参考にして頂ければ幸いです

mameo

パパが活躍する絵本

「パパ、お月さま取って!」 作:エリック・カール
「おとうさんはウルトラマン」作:みやにし たつや 作:みやにし たつや
「おとうさんがおとうさんになった日」 作:長野 ヒデ子
「ぼくのパパはおおおとこ」 作:カール ノラック
「おとん」作:平田 昌広
「パパのしごとはわるものです」 作:板橋 雅弘

チェックしておくべきサイト
絵本ナビ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました