" /> 大腿骨頸部骨折ってなに?【リハビリの時に知っておいた方が良いこと】 | Omame Life Blog

大腿骨頸部骨折ってなに?【リハビリの時に知っておいた方が良いこと】

大腿骨頸部骨折ってなに?リハビリ

こんにちわ、mameoです。

理学療法士として総合病院で勤務しています。

今回は、大腿骨頸部骨折について話していきます。

では、はじめましょう。

そもそも、大腿骨頸部骨折ってなに?

大腿骨近位部骨折分類

大腿近位部骨折の分類の仕方

大腿骨の近位部の骨折を生じた部位によって分類されます。

受傷機転
・脆弱な骨の荷重ストレス
・転倒
・若者の軸方向高エネルギー
特徴
・女性が多い、80-84歳がピーク、大腿骨頭壊死のリスクあり
予後
・生命予後  骨折後の死亡率 1year9.8-10.8%
・影響因子:高齢、長期入院、受傷前ADL、認知症、男性、心疾患
リハビリの予後
・年齢、受傷前ADL、認知機能が影響する
・受傷前の歩行に戻るのは約50%程度(術後1年)、基本的には一段階下がる
・術後48時間以内のなんらかの荷重開始が歩行機能予後に寄与する(Med J Aust.201(10))

評価の方法は?

Garden分類
骨頭骨片の転位の分類
・非転位型:stage I-Ⅱ
・転位型 :stage Ⅲ-Ⅳ      
術式選択の基準となる
 Stage Ⅰ:保存or骨接合術(ハンソンピンなど)   
      保存であれば、2weeksベッド上安静からPWB
         Ⅱ:骨接合術orBHA(人工骨頭置換術)
         Ⅲ:BHA
         Ⅳ:BHA              
 *65歳以下、合併症がない場合ハンソンピンを選択することも NWB→PWBでのリハ
   利点は、自分の骨や関節が温存され、術後の運動機能が残存し易い
Garden分類

Garden分類

Pauwels分類
骨折線の角度分類  *骨折線と水平線のなす角=Pauwels角
・第一度:30°以下
・第二度:30〜70°
・第三度:70°以上
固定材料の基準となる
・第三度ではスクリュー単独、フックピン単独は困難
 角度安定性のあるサイドプレートを持つtwin hookを選択
pauwels分類

Pauwels分類

リスクは?

術式による術後リスク
・BHA:後方脱臼(2-7%)
・骨接合術:偽関節  非転位型:4-21%、転位型:46-57%
      骨頭壊死 非転位型:4.6-21%、転位型46−57%
       *2年間のフォローが必要
      遅発性骨頭陥没:レントゲン上で確認できる骨頭変化
      ルーズニング

 

まとめ

・大腿骨頸部骨折について話しました。

まとめると

・高齢の女性に多い、大腿骨頭壊死の可能性、1年の死亡率は約10%
・評価は、Garden分類、Pauwels分類を用いて評価し、程度により術式が決定
・術式は、保存(手術しない)、骨接合術、人工骨頭置換術が選択される
・手術により術後のリスクが異なる、脱臼・骨頭壊死のリスクあり

上記の内容を理解することで、リハビリ前に疾患特性を把握することができます。

臨床に落とし込むと

ex ) 
・頸部骨折だから、股関節の回旋ストレスは注意しないとな                      
・骨折線の傾斜が強いから、転位しやすいから荷重量は押さえておこう                                        
・歩行レベルが低くなる可能性があるから、前もって家屋調整をしておこう                                                                             など

最後に

今回は、【大腿骨頸部骨折】について話しました。

この他にも、骨のリモデリング、創傷治癒、筋肉インバランスなどもありますが、

この辺りは、徐々に学んでいけばOKと思います。

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました