" /> 妊婦健診いくらかかる?出産までの妊婦健診、自己負担額を公開! | Omame Life Blog

妊婦健診いくらかかる?出産までの妊婦健診、自己負担額を公開!

妊婦健診いくらかかる?出産までの妊婦健診、自己負担額を公開!育児

こんにちはmamekoです。

今日は妊娠発覚から妊娠後期にかかった費用についてです。

薬局、産院に支払った費用となります。

赤ちゃんの洋服やお世話グッツは含まれません。

これはまた別のコラムで紹介していきます。

妊娠発覚〜妊娠初期に支払った費用

妊娠検査薬は薬局で購入しました。

陽性反応後と心拍確認は自費診療となり¥17,000ほどでした。

心拍確認後に市の保健センターで母子手帳+補助券を貰いました。

妊娠9週の健診から補助券を使用した妊婦健診がスタートしました。

これが妊娠発覚〜妊娠初期までに支払った費用の表です。

妊娠初期費用

妊娠発覚〜妊娠初期費用

妊娠発覚〜妊娠初期(〜23週)費用の合計は¥50,100でした!

定期健診の他に1・2とパパママクラスは自費でした。

komameちゃんを産んだ産院の

パパママクラスはママのみの参加であれば¥1000で、

パパママの参加で¥1,500の自費負担でした。

1

仕事中子宮が潰されるような痛みがあり、

出血などの症状はなかったのですが、産院に電話して、

症状を話してから予約外で受診させてもらいました。

2

出産に耐えられる体かどうかの検査をした時、

心エコーの結果が良くなかったようで、

病院での再診を勧められ、紹介状を書いてもらいました。

その紹介状の作成文書料です。

妊娠中期に支払った費用

妊娠中期になると健診毎にエコーで赤ちゃんを確認します。

komameちゃんを産んだ産院では

エコーの写真を沢山撮って印刷してくれましたが、

あまり貰えなかったという友人ママもいます。

妊娠24週の健診で糖負荷テストというものがあったので、

この時の自己負担額が高くなっています。

妊娠中期

妊娠中期(〜35週)費用の合計は¥24,300でした。

妊娠後期に支払った費用

いよいよ妊娠後期(〜40週)です。

初期〜中期にかけては大体¥3000前後の自己負担でしたが

NSTという検査が毎回あるので、¥1,000ほど費用upしました。

妊娠後期費用

妊娠後期(〜40週)費用の合計は¥27,050でした。

3

出産予定日前日の健診です。

38週の健診で子宮口は少し開いていると言われていましたが、

なかなか陣痛が来ず、補助券を使い切ってしまいました。

自己負担額はいくら?

妊娠発覚〜出産までの自己負担額は

合計で¥101,450でした。

いや〜意外とかかってました!

出産の費用は首都圏で約60万前後、と聞いていましたが、

健診でも結構かかるんじゃん!という印象でした。

 

出産費用についての全国平均などは

国民健康保健中央会のHP

出産費用の全国平均値、中央値が掲載されてます。

 

前回のコラムで出産の費用も載せると書きましたが

長くなってしまうので、出産編は次回書いていきます。

また、出産の費用については受診する医療機関、

出産の方法、住んでいる地域など異なってきますので

そこも触れながら書いていきたいと思います。

 

今回もお付き合いありがとうございました。

mameko

 

 

 
<

コメント

タイトルとURLをコピーしました