" /> 普通分娩、出産の費用公開!全国平均より高かった!! | Omame Life Blog

普通分娩、出産の費用公開!全国平均より高かった!!

出産にかかる費用育児

こんにちはmamekoです。
今日は出産の費用について書いていきます。
初めての妊娠・出産で「どのくらい費用がかかるのか
不安に感じている方も多いはず。
出産にかかる費用や利用できる制度についても説明します。

出産にかかる費用

出産にかかる費用は全国平均で大体50万円ほどです。
出産一時金(42万円)が支給されるため、
分娩費用が全て自己負担になるわけではありません。
出産方法は大きく分類すると以下の3つ
*自然分娩
*帝王切開
*無痛分娩   それぞれの方法で費用が変わってくる。
自然分娩
麻酔など医療処置を行わない出産方法。
健康保険は適応されないため、実費負担となります。
帝王切開
身体にメスを入れ赤ちゃんを取り出す出産方法。
医療行為にあたるため、公的健康保険が適応となり、3割負担になります。
無痛分娩
麻酔を使用して陣痛〜出産までの痛みを軽減させて行う出産方法。
自然分娩同様、健康保険は適応されないため、実費負担となります。
出産のタイミングによっては、加算あり!
夕方や夜間、早朝など、診療時間外と設定されている時間帯
休日に出産した場合、追加の料金が加算される場合があります。
病院ごとに加算される料金は異なります。

出産時に利用できる制度

  1. 【出産育児一時金】
    妊娠4ヶ月以上で出産をした場合、
    赤ちゃん一人につき42万円が支給されます。
    事前に申請しておくことで病院側へ直接支払う
  2. 【出産手当金】
    出産のため会社を休み、その間に給料の支払いを受けなかった場合は
    出産の日以前42日から出産の翌日以後56日目までの範囲内
    出産手当金が支給されます。
  3. 【高額療養費制度】
    医療機関や薬局で支払う医療費が一ヶ月で上限を超えた場合、
    その超えた額を支給する。
    (参照)高額療養制度を利用される皆さまへ 厚生労働省
  4. 【医療費控除】
    支払った医療費が10万円を超えた場合、確定申告で申請すると
    所得税等が軽減される又は還付金を受けることができます。
    ただし、上記3【高額療養費】として支給された金額は除かれます。
    国税庁のホームページ

*komameちゃんを産んだ際は上記の1、2、4を利用しました

実際はいくらかかった?

それでは、komameちゃん出産費用を公開します!
の、その前にざっと出産の記録を、、、

komameちゃんは
①自然分娩、会陰切開、縫合処置
②夜中の3時に生まれた(時間外 加算あり)
③Mameoさん立会い(立会い管理料 加算あり)
④個室利用 12000/日×4日

それでは、じゃん!

komameちゃん出産費用

自費合計は¥618,400
こちらに保険負担金額(¥1,210)足して
出産育児一時金(¥420,000)を引くと

自己負担合計は、¥199,610でした!

komameちゃんを産んだ産院では、
分娩予約時(〜妊娠20週まで)に
20万円の予約金を支払うシステムになっていたので、
退院時には¥390が返金されました。

このように事前に予約金を支払う産院が多いようです。
これは妊婦健診の初期に医療機関側から説明があると思われます。

出産記録は詳しくまた別のコラムで書いていく予定です。
出産費用の内訳は入院診療明細書をみて書いています。
内容・費用を詳しく知りたい方は
コメントをいただければお答えします。

それでは本日もお付き合いありがとうございました。

mameko

コメント

タイトルとURLをコピーしました