" /> 車椅子(Wheel-chair)の種類・選び方【理学療法士が徹底解説】 | Omame Life Blog

車椅子(Wheel-chair)の種類・選び方【理学療法士が徹底解説】

車椅子の種類・選び方ってなに?リハビリ
車椅子を選びたいんだけど、
車椅子の種類は多いし快適なものが良いし、どれが良いのだろう、、、
実際、病院でも車椅子は座れればいいんじゃないの?

こういった疑問に答えます、Mameoです。

今回は、車椅子の選び方、種類編です。

では、始めましょう

車椅子の種類・選び方ってなに?

車椅子の種類街で車椅子の人を見かけますが、

意外と体にあっていないことが多いです。

病院においても、患者さんにあった車椅子を選べる

職員は少ないですね、

「車椅子って座れれば良いでしょ?」程度ですかね。

私が思う、車椅子を選ぶ時のポイント

 ・安全であること
 ・身体機能にマッチしていること
 ・快適であること

が重要と考えます。

では、説明していきます。

車椅子の特徴

簡単に大きく分けると2種類

自操用:自分で車椅子使用する
・操作が可能な患者、
・ハンドリムがある(手で漕ぐ時に持つところ)

介助用:介助する人が操作する
・自身で操作ができない
・タイヤが小さく、運びやすい

こんなのはダメ

ex )自分で操作する人が、介助用を使う
   操作できない人が、自走用を使う

最低限チェックしておきましょう

車椅子の種類

スタンダードタイプ
合う人:介助者がいる人
 利点 :全てが一体型、取り外し不可
軽くて、壊れにくい

モジュールタイプ
合う人:自分で漕げる人
利点 :アームレスト・フットレストが開閉が可能
背ばり(背もたれ)の調節が可能
体に合わせた調整が可能

ティルト・リクライニングタイプ
合う人:一人で座るのが困難な人・重度省がいの方
利点 :背もたれが倒せる(リクライニング)
座面と背もたれが倒せる(ティルト)

6輪タイプ
合う人:〆屋内使用向け
利点 :小回りが良く、漕ぐのが楽

電動タイプ
合う人:屋外活動が必要な人
利点 :バッテリーやモーターで動く
手や顎などで操作可能
次々と新しい技術が導入される

車椅子の部位と名称

車椅子の部位は、意外と多いので

重要なところでだけ挙げておきます。

ハンドリム
 車椅子を手で漕ぐ時に使用ブレーキ
手元でかけるブレーキアームサポート
肘を置くとこと
立ち上がりの時の支持になるフットレスト
足を乗せるところ

握り
 介助者が車椅子を押す部分
介助ブレーキがついている

ティッピングレバー
 介助者が前輪を浮かす時に使用するバー

これ以外は、その都度でOKです
詳細はこちら、とうきょう福祉ナビゲーション 車いすの選び方・使い方

車椅子の機能

車椅子の機能

背もたれ機能
・背ばりを調整し、その人の背骨に合わせられる
・畳むことが可能で、コンパクトになる跳ね上げ機能
・アームレストの跳ね上げは、肘掛を上下に開閉可能で、
乗り移りの時に邪魔にならない
・高さ調整が可能、体格に合わせることが可能になるスイングアウト機能
・フットレストが左右に開閉が可能
乗り移りや立ち上がりの時に邪魔にならないエレベーション機能
・下肢を持ち上げることが可能
ギブスをしている人や膝が曲がらないなどに使用する

まとめ

今回は、車椅子の種類について書きました。

次回は、車椅子の具体的な選び方について

話していきたいと思います。

では、お付き合いありがとうございました。

Mameo

コメント

タイトルとURLをコピーしました